何かと話題のPTAですが

PTAって、最近何かと話題になっていますよね。

私も子供が学校に入る前は、色々とPTAのネガティブな話題を聞いていたので、とても不安でした。

PTA自体は実は、任意のボランティア団体なんだそうですね。

自分たちの子供を見てくれる先生を少しでも助けたい、という思いで集まったのがきっかけだったのかなぁ、と思います。

それが、今や半ば強制的な加入になっているから、問題になってきているんでしょうね。

あと、今は女性も働きに出ていて、共働きのご家庭が多いので、仕事を休んでというのは大変なんだろうと思います。

出来る人がやる、やりたい人がやる、というのがボランティアの基本だと思います。

私の周りでは、PTAを全くやりたくない、という方はいませんでしたね。

自分のできる範囲で協力したい、とおっしゃられる方ばかりだったように思います。

多くの保護者は、そんな感じでしょうね。

子供のために、できることはしたい、という感じだと思います。

ただ何が一番の問題かというと、集まる回数が多いことと、それって本当に必要?と思われる作業があることですね。

仕事を休んでPTA活動に参加するにしても、毎月仕事を休むわけにもいきませんし、リサイクル廃材の回収やベルマーク集め、子供へのプレゼントなども本当に必要かな?と思ってしまいます。

仕事をしている保護者にとっても、無理のない範囲の活動内容であれば、PTA問題も無くなるのかなぁと思います。

PTAもそんなに悪いばっかりじゃないですしね。

色々な情報を聞くことが出来ますし、子供たちと身近にかかわることができるので、私はPTA自体は賛成です。

カテゴリー: 出来事 タグ: , , パーマリンク