なんだかうらやましいぞ

 最近母の呆けが進んできました。。

ものすごくしっかりきっちり、きびしい人だったから、最初は何で?!とびっくりしたけど、なってしまったものは仕方なく、ずいぶん受け入れられるようになりました。

小さい頃、母親って絶対の存在でしたよね、良くも悪くも。

母親が世界のすべて!くらいに思ってたなぁ(笑)

だから母の言うことは反抗期まで絶対だったし、母が良く思ってない人のことは私も同じだったり。

恐ろしいくらいの洗脳ですよね!(笑)

当然おとなになって、意見は変わってきます。母が嫌いなものでも私は好き、とか。

当たり前っちゃ当たり前ですが、今現在のエエ歳になっても、その手の新しい発見がいまだにありますね。

そして最近気づいたこと。

この人けっこうなワガママだ!てことです。

子どものころは、「ワガママ」ってかなりダメなこととして教えられてきました、スパルタ式な絶対権力者の母に(笑)。

それが本人は、平気で自分だけの都合を通そうとするんですよね、最近。

いや、前からか…

もう少し相手が若かったら、絶対ケンカしてました、言ってたことと違う!って。

でも今ではお婆ちゃんに近くなって呆けてるので、まともに言っても通じません。

そんな母を父がなかなかに甘やかしていたことも、最近になって発見。

何だか変な気分です。

私が年をとって対等に?なってきたから、そんなところが見えるようになったのかな…

しかしそんな甘やかしダンナを持てて、うらやましいぞ!

私も誰か甘やかしてくれーー

カテゴリー: 出来事 タグ: , , パーマリンク