いつのころから通学証明書なんて必要になったのか

子どもが電車で通学することになりました。

学割料金で定期を買うために、通学証明書を学校で発行してもらわないといけないそうです。

えー、そんな面倒なことになってたの!今時の学生は。

私が学生のときは、生徒手帳を提示すれば学割で定期を購入できました。

まあ当時はパスモもありませんでしたけどね。

当時の生徒手帳は運転免許証並に万能でした。

定期券も購入できたし、学割料金を利用する際はなんでも生徒手帳を出せばOK!

顔写真もあるので、会員証を作るときの身分証にもなりました。

今の生徒手帳ってどれほどの効果があるんでしょうね。

定期券も買えないぐらいですから、昔ほど使えないかもしれません。

まあ、生徒手帳ってけっこうショボイ作りなので、簡単に偽造できそうです。

うっかり落としてなくしたりして、それを悪用されたりしかねません。

写真部分をはがして別人のものに貼り替えられて悪用されたり・・・。

そう考えると、確かにあまり万能ではないほうがいいのかもしれません。

世知辛い世の中になったものです。

子どもたちも大変ですね。

生徒手帳でなんでもできた我々の時代と違って、いちいち学校に証明書や許可証を出してもらわないといけません。

不便ですが、仕方ないです。

カテゴリー: 出来事 タグ: , , パーマリンク