彼女の演技にスカッとしました。

全日本フィギュア選手権が始まり、女子シングルスのショートプログラムが終わりました。ショートプログラムは既定のジャンプ・スピン・ステップがあるため1つでもミスをすると順位ががらりと変わるので見ている方もドキドキします。

予想に反して1位で通過したのは今シーズンシニアデビューした17歳の坂本花織選手でした。演技後半にすべてのジャンプを跳ぶという挑戦的なプログラムでパーソナルベストを出しました。「月光」というベートーベンの曲で前半はしっとりとした演技、後半は強い曲調となり次々とジャンプを成功させていきました。彼女のジャンプは大きくて流れのあるダイナミックなジャンプで加点も多くつきました。以前よりも自信を持って滑っている感じが伝わってきました。

何より明るいキャラクターに惹かれます。演技を終えた後もニコニコしていて、得点を待つキス&クライでは高得点に驚きの表情。溌溂とした演技を見てスカッとした気持ちにさせてくれました。シーズン序盤はジャンプが決まらず苦戦していましたが、ここに来て一気にオリンピック候補となりました。フリーでも硬くなることなくショートのような伸び伸びとした滑りを見せてもらいたいです。

カテゴリー: 出来事 タグ: , , パーマリンク