何かと話題のPTAですが

PTAって、最近何かと話題になっていますよね。

私も子供が学校に入る前は、色々とPTAのネガティブな話題を聞いていたので、とても不安でした。

PTA自体は実は、任意のボランティア団体なんだそうですね。

自分たちの子供を見てくれる先生を少しでも助けたい、という思いで集まったのがきっかけだったのかなぁ、と思います。

それが、今や半ば強制的な加入になっているから、問題になってきているんでしょうね。

あと、今は女性も働きに出ていて、共働きのご家庭が多いので、仕事を休んでというのは大変なんだろうと思います。

出来る人がやる、やりたい人がやる、というのがボランティアの基本だと思います。

私の周りでは、PTAを全くやりたくない、という方はいませんでしたね。

自分のできる範囲で協力したい、とおっしゃられる方ばかりだったように思います。

多くの保護者は、そんな感じでしょうね。

子供のために、できることはしたい、という感じだと思います。

ただ何が一番の問題かというと、集まる回数が多いことと、それって本当に必要?と思われる作業があることですね。

仕事を休んでPTA活動に参加するにしても、毎月仕事を休むわけにもいきませんし、リサイクル廃材の回収やベルマーク集め、子供へのプレゼントなども本当に必要かな?と思ってしまいます。

仕事をしている保護者にとっても、無理のない範囲の活動内容であれば、PTA問題も無くなるのかなぁと思います。

PTAもそんなに悪いばっかりじゃないですしね。

色々な情報を聞くことが出来ますし、子供たちと身近にかかわることができるので、私はPTA自体は賛成です。

カテゴリー: 出来事 | タグ: , , | 何かと話題のPTAですが はコメントを受け付けていません。

結構大変ですけど少しゴールが見えてきました

最近、ひたすら仕事をしているのですが、なんとかまとめてやっているせいか少しゴールが見えてきてホッとしているところです。なんだかんだでワーカホリックなタイプなので、仕事している方が性に合っているような気はするんですよね。

しかし、そんなに時給とかもよくないので、その点では結構辛いよな?なんて思ってしまうところですね。こんなことではジリ貧になるだけなので、生活する資金を作るだけでいっぱいいっぱいだなぁって思ってしまうほど。

これでは自分が疲弊するだけだから、早く他のことで稼げる自分になろうって思います。今までマネタイズとか気にしたことなかったんですけど、これでは自分がやられてしまうだけだなぁって思うので、ちゃんとなんとかしたいって思っているところです。辛いことも多いですが、あまり思いつめるのはやめて、自由に生きられるように自分を大事にできるように仕事は前倒しでなんでもこなしておきたいなって思います。

とにかく、少しゴールが見えてきたのでこのまま勢いで今やっている仕事はさっさと片付けてしまいたいなって思っているところです。今週末は全てスッキリさせて、それから遊びに行けたらいいかなって思うところです。楽しみを用意しつつ、日々の仕事を頑張りたいなって思っているところです。

カテゴリー: 出来事 | タグ: , , | 結構大変ですけど少しゴールが見えてきました はコメントを受け付けていません。

思った以上に進まないトイレトレーニング

寒かった日々が過ぎて、やっと暖かくなってきたので、重い腰を上げて次男のトイレトレーニングを再開することにしました。

夏の終わりに一度挑戦をしたものの、ほとんどしゃべれず、パンツが濡れていても一切気にすることもなく、なんならトイレに行くことを全力で拒否していたため全くすすみませんでした。

あれから半年、だいぶおしゃべりも上手になり、「おしっこ」も言えるようになりました。

排尿の間隔もなんとなく広がってきた感じもするので、今度こそはスムーズに行くかな、と思っていたんですよね。

初日、何とかトイレには行ってくれるけど何度連れて行っても出ない。

そしてトイレから出た5分後とかにおしっこが出る。

さらにはパンツが濡れていても相変わらず気にするそぶりがない。

なんだろう、あまり成長を感じない。

それでもめげずに1週間頑張ったんですが、ひたすらパンツを洗い、床の拭き掃除をしているだけで、全くトイレトレーニングが進みません!!

でも、ふと気づいたんです。

トイレに誘って全力で拒否するとき、だいたいおしっこ出るんですよね。

トイレには行ってもいいけれど、トイレで用を足すのは嫌なようです。

来週はこの結果を踏まえて、嫌がった時に無理にでも連れて行くべきか、嫌な思いをさせないように何か方法を考えるべきか。

子育ては試行錯誤の連続ですね。

カテゴリー: 出来事 | タグ: , , | 思った以上に進まないトイレトレーニング はコメントを受け付けていません。

小さな習慣、続けるのが楽しみになってます

不思議なことですが、本を少し読んだだけで習慣が変わって来ました。紹介されたときに本のタイトルだけでなく、実物も持って来ておられたので、よけいに気になったのかもしれません。紹介のあったエピソードも面白かったので、表紙を写メさせてもらって買おうと思いました。新しい本だったので、すぐに見つかりましたが、意外に文章がびっちりで目が慣れるのにちょっと時間が掛かりました。求めている内容なので少し読んだだけで入ってしまったのか、最初は1つだけチャレンジしてみたのですが、最近は付属してあと2つも同時進行で行動しています。

併せて3つの習慣付け、すごくないですか?話すとホントに小さな小さな、笑っちゃうくらいのアクションですが、目標を立てて「始めない」のと小さすぎても「やっている」のは大きく違うと思うんですよね。しかも目標が小さいとすぐに達成するから「おまけ」で自ら余分にやってしまいます。頑張ってるなぁと自己満足度も上がるのでおススメな方法です。部屋の中を1つ片づけ、体を少し動かし、本を少し読む。ただこれだけですが、365日あると最低でも365個分は片付くんですね。もちろん、小さなレシートを捨てるのも入れてるので見た目がごっそり変わってないかもしれませんが。とにかく続けるのが楽しみになって来ています。

カテゴリー: 出来事 | タグ: , , | 小さな習慣、続けるのが楽しみになってます はコメントを受け付けていません。

発達障害と診断された人の話について

発達障害の有無の検査を受けて広汎性発達障害と診断という診断を受けた人がいた。その人は職場に馴染めず、言われていることは分かるが具体的に何をすればいいのか分からないことに悩んでいた。とても辛そうだった。その人はとても感受性が強く、優しい人だった。誰かが貶されたり笑われているのを見るのが堪らなく嫌なのだと話していた。その人はそのような気持ちを恐らく我慢し続けて、壊れてしまったように思えた。まず笑わなくなった。朝起きられなくなった。

幼少期に仲間外れに遭ったり、いじめの加害者や被害者になるタイプではなく、どちらかというと波風立てずに人間関係を築いていくようなタイプだった。また、人に怒ったり、苛立ちをぶつけない我慢強いタイプだった。その人の主治医が何を持って広汎性発達障害だと判断したかは分からないが、診断結果が誤診だったら患者の一生を台無しにしてしまう可能性もあることを知ってほしいと思った。その人と家族は診断結果に納得できず、セカンドオピニオンを受けると話していたがそれも保険の適用はされず、自費だという話だった。発達障害であるかどうかはこの際もうどうだっていいので、その人早く元気になってほしいと心から思っている。

カテゴリー: 出来事 | タグ: , , | 発達障害と診断された人の話について はコメントを受け付けていません。

いつのころから通学証明書なんて必要になったのか

子どもが電車で通学することになりました。

学割料金で定期を買うために、通学証明書を学校で発行してもらわないといけないそうです。

えー、そんな面倒なことになってたの!今時の学生は。

私が学生のときは、生徒手帳を提示すれば学割で定期を購入できました。

まあ当時はパスモもありませんでしたけどね。

当時の生徒手帳は運転免許証並に万能でした。

定期券も購入できたし、学割料金を利用する際はなんでも生徒手帳を出せばOK!

顔写真もあるので、会員証を作るときの身分証にもなりました。

今の生徒手帳ってどれほどの効果があるんでしょうね。

定期券も買えないぐらいですから、昔ほど使えないかもしれません。

まあ、生徒手帳ってけっこうショボイ作りなので、簡単に偽造できそうです。

うっかり落としてなくしたりして、それを悪用されたりしかねません。

写真部分をはがして別人のものに貼り替えられて悪用されたり・・・。

そう考えると、確かにあまり万能ではないほうがいいのかもしれません。

世知辛い世の中になったものです。

子どもたちも大変ですね。

生徒手帳でなんでもできた我々の時代と違って、いちいち学校に証明書や許可証を出してもらわないといけません。

不便ですが、仕方ないです。

カテゴリー: 出来事 | タグ: , , | いつのころから通学証明書なんて必要になったのか はコメントを受け付けていません。

高校野球秋季千葉大会では拓大紅陵高校が優勝

高校野球秋季千葉大会では拓大紅陵高校が優勝しました。この高校は桑田・清原が活躍した1980年代に彗星のごとく現われた高校でした。1984年春に初出場をして1回戦は智弁学園に9-3、2回戦では法政二高に10-2と実力校相手に圧倒して強烈な印象を受けました。準々決勝でPLに0-6で敗れましたが、その後夏によく出場してあまり勝ち進むことはありませんでしたが、毎回優勝候補に名が挙がり92年には夏準優勝を果たしました。その拓大紅陵が復活かと思わせる戦いぶりでした。

初戦は大多喜に8-1で勝利、しかし流山おおたきの森に2-1で苦戦。県大会に入って1回戦松戸六実に4-2、2回戦では東京学館船橋に13-12と激戦続きとなりました。3回戦は伝統の銚子商と対戦、終盤の攻勢で6-3で勝利。準々決勝では春の甲子園出場校東海大望洋市原を圧倒して9-3、準決勝では夏の甲子園出場校木更津総合に序盤劣勢の中、終盤追いつき延長12回8-7で勝ち上がり決勝では中央学院相手に0-3の3回に集中打で逆転、継投もはまって4-3で勝利して優勝しました。投手戦にも打撃戦にも対応でき、しかも接戦を勝ち上がっているので、勝負強い印象です。かつてのクリーンナップが2つあるような打棒のイメージから変わったニュースタイルを見せてくれるか注目です。

カテゴリー: 出来事 | タグ: , , | 高校野球秋季千葉大会では拓大紅陵高校が優勝 はコメントを受け付けていません。

多趣味な私が短い一日を有効に過ごす為に

一日はなぜ24時間しか無いのだろう、なんて考える事があります。それと言うのも、私は思い立ったらすぐ行動に移してしまう性格だからです。最後までやり遂げてから次に行けばいいのですが、次々と新しい物に手を出してしまい、どれも中途半端になってしまいます。気になるゲームや漫画、小説を見付けると、まだ読んでいる途中の本やクリアしていないゲームがあるにも関わらず購入してしまいますし、友人がSNSに上げた手芸作品を見ると私もやってみたくなり、道具だけ揃えてまだ作品を作っていないなんて事も。

親や友人などは私の性格を「エネルギッシュで羨ましい」と褒めてくれますが、色々な物に手を出していると考える事も多くなり、結構疲れます。そんな状況を打破すべく、要領の良い友人に相談したところ、「優先順位を決めたらいいよ」とのアドバイスを貰えたので、早速実践してみる事にしました。まず、今やっている事やこれからやりたい事を紙に書き出し、リストを作ります。その中で優先順位を決め、順位の低い物は一先ず除外します。そうすると、今本当にやりたい事が見えて来るので、暫くはそこに集中して取り組む事にしました。このリストを元に、中途半端に趣味をつまみ食いしてしまう癖を改めていきたいと思います。

カテゴリー: 出来事 | タグ: , , | 多趣味な私が短い一日を有効に過ごす為に はコメントを受け付けていません。

早起きは三文のプラス・・・人だかり敬遠の章

7月々最後の土曜にとあるリゾートジムへ行きました。
芋洗い状態になるのは覚悟していましたが、8月々から値上げするこういうジムにどうしても7月々中に行って置きたかった家屋。しかも、本年新しく日本一の幅差ですウォータースライダーが登場するとなると、行かない事情がありません。こども3他人をマイカーに乗せて、男性の運転でいざレッツゴー!2歳月半分の路線です。早起きしたので、車内で子供たちは早くも高いびき。そんなに、遊んでる途中で眠たくなったらお断りもんね。たっぷり寝てくれ~(笑)
そうこうやるうちに到来です。開場時間に合わせて行ったものの、一番近い第一パーキングはすでに満車。第二パーキングに案内されましたが、でも入口というサイドに停められてホッと中休み。さぁ、遊ぶぞ!子供たちもバッチリ目覚めて気合い満々。
入口には100メートルはあろうかという大行列。では最後尾目指して駆け抜けますが、その路線ですでに心が折れそうになる当社・・・。だが、10当たりほどで入場できました。日々大混雑の世論ポイントなので、人材たちも慣れているのね、などと妙に承認。
100メートルの行列を乗り越えるともうそんなににぎわいにも合わず、面白く過ごせました。
後はもう歳月とともに混雑する先方ですが、前半だったのでスライダーも15当たり待機で乗れ、(後々、スライダーは90当たり待機に伸びてました)、正午は食べずに13シチュエーション内撤退。そうして近隣の食堂でゆっくりお食事。
何事も早めの用事がいいですねっ!

カテゴリー: 出来事 | タグ: , , | 早起きは三文のプラス・・・人だかり敬遠の章 はコメントを受け付けていません。

彼女の演技にスカッとしました。

全日本フィギュア選手権が始まり、女子シングルスのショートプログラムが終わりました。ショートプログラムは既定のジャンプ・スピン・ステップがあるため1つでもミスをすると順位ががらりと変わるので見ている方もドキドキします。

予想に反して1位で通過したのは今シーズンシニアデビューした17歳の坂本花織選手でした。演技後半にすべてのジャンプを跳ぶという挑戦的なプログラムでパーソナルベストを出しました。「月光」というベートーベンの曲で前半はしっとりとした演技、後半は強い曲調となり次々とジャンプを成功させていきました。彼女のジャンプは大きくて流れのあるダイナミックなジャンプで加点も多くつきました。以前よりも自信を持って滑っている感じが伝わってきました。

何より明るいキャラクターに惹かれます。演技を終えた後もニコニコしていて、得点を待つキス&クライでは高得点に驚きの表情。溌溂とした演技を見てスカッとした気持ちにさせてくれました。シーズン序盤はジャンプが決まらず苦戦していましたが、ここに来て一気にオリンピック候補となりました。フリーでも硬くなることなくショートのような伸び伸びとした滑りを見せてもらいたいです。

カテゴリー: 出来事 | タグ: , , | 彼女の演技にスカッとしました。 はコメントを受け付けていません。